場

場は、活動の軸です。ですがその活動は、島々を研究することだけではありません。島は研究対象の問題ではなく、研究行為が複数の島々を作るのです。そして島は、どこかに帰属するのではなく、ただ、つながるためだけにある。この複数の島のつらなりとして、場があるのです。この活動の場としての島は、身ぶりとしての連結を逃さないために、まずは日常的な身体移動の範囲に収まる京都に限定しています。どうぞそれぞれの島を、クリックして下さい。

NEW

ARCHIVE